未分類

コストパフォーマンス抜群のレビトラについて

恋人との別れ方によって、その後の人生が大きく変わります。
例えば、女性側の不倫や浮気による別れ方を経験した男性は酷い女性不信に陥ります。
実際に裏切り行為を働いたのは元彼女や元妻なのですが、信頼を酷く傷つける別れ方をした男性は、女性自体に嫌悪感や不信感を抱いてしまうのです。
その結果、再び素敵な新しい女性と出会っても、なかなかセックスする気分になれません。
頭では新しい恋人を信頼していると分かっていても、身体の方は過去のトラウマを克明に記憶している事があるのです。

酷い別れ方を過去に経験した男性は、心因性EDをその後、発症する事が多いです。
精神的な原因でEDになるため、一般的なED対策を施しても効果が現れません。
心因性EDの改善には、レビトラといった治療薬が推奨されています。
レビトラは治療薬の中でも即効性とコストパフォーマンスの高さに定評があり、
副作用発生率の低さからも、初心者に適した医薬品と評価されているのです。

具体的なコストパフォーマンスの高さですが、一般的な治療薬は1500円から2000円前後、1錠あたり掛かりますが、レビトラなら1100円から1500円前後で済みます。
毎回セックスの事前に飲む事が求められるEDのお薬、可能な限りコストパフォーマンスが高い製品を選びましょう。
一箱につきレビトラは4錠入っていますので、一週間に一度セックスをするカップルなら、およそ一ヶ月分に相当します。
一箱あたり4500円から6000円前後でレビトラは入手でき、維持費は他系統の治療薬より確実に低く抑えられます。
レビトラの持つ即効性は心因性EDに大変良く働き、30分から60分でトラウマ由来の勃起不全が治り、セックスが出来る男らしい下半身が自然と現れます。

医薬品の一般的な輸入禁止に関する法令と個人輸入

医薬品などを営業のために海外から輸入することは、医薬品医療機器等法や、その規定を受けて制定された他の法令によって、一般的には禁止されており、特別な場合に限って、厚生労働大臣の承認または許可を受けて行うことができることとされています。
この医薬品医療機器等法というのは、かつて薬事法とよばれていた法令であり、医薬品そのもののほか、ドリンク剤や育毛剤のような人体への作用がよりおだやかな医薬部外品、各種の化粧品、その他直接人体に塗ったり経口服用するものではない医療機器なども輸入禁止の対象として含まれています。
医薬品は正しく服用すれば、病気の治療などに効果がある反面、使い方を誤ると、重大な副作用を発生させるおそれがあり、むやみに不特定多数に頒布されると問題が大きいことから、こうした輸入禁止の条項が定められているのです。
ただし、この医薬品の輸入禁止規制には例外があり、個人が自己用として少量だけを輸入する、いわゆる個人輸入の場合については規制から外されています。
これは、個人輸入であれば病気の当事者である本人自身の注意のもとに適切に服用されること、国内未承認という理由で輸入禁止にしていては難病などの個別のケースで助かる命まで助からなくなる可能性があること、などが背景となっています。
個人輸入では、軟膏などの外用薬であれば1つの品目につき24個以内、その他処方箋薬であれば1か月分以内というのが原則で、この数量を超えるようであれば、やはり地方厚生局からの証明書を受けて税関に提出する必要があります。
なお、麻薬取締法のような特別な法令にもとづき規制されている大麻や向精神薬、その他一部の精力剤などの重大な健康被害のおそれがある医薬品については、個人輸入であったとしても輸入禁止となっています。

個人輸入可能な医薬品の個数について

海外で有用性が確認され市販されているが日本では認可されておらず流通していないもの、日本で入手するには医師の診断や処方箋が必要なもの、あるいはその安価なジェネリック医薬品(後発医薬品)。個人輸入される医薬品はこのようなものに集約されますが、個人輸入とは一般の個人が自分で使用することを目的としたものであるため、輸入できる個数に制限があります。つまり輸入者自身が使用すると想定される個数を超えてしまうと税関で荷物が止められてしまうことになります。販売・営業目的の輸入と見なされてしまうわけです。
厚生労働省の提示する内容によって細かく個数を見ていきますと、毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く外用剤(軟膏などの外皮用薬、点眼薬など外用剤)は標準サイズのものを1品目24個以内とされています。次に毒薬、劇薬又は処方箋薬(有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品)は用法用量からみて1ヶ月分以内とされています。個人輸入で人気のAGA治療薬や抗インフルエンザウィルス薬などはこれに該当するものも少なくないでしょう。最後に、これら以外の医薬品・医薬部外品は用法用量からみて2ヶ月分以内とされています。実際の個数については1日に服用する量を元に計算し、例えば1日3回2錠服用する錠剤の2ヶ月分数量は(2錠×3回)×30日×2ヶ月=360錠までが2ヶ月分の用量とみなされると例示されています。
ただし、個人輸入といっても特別な人以外は全てを個人だけでできる人は稀ですから、通常は個人輸入代行サイトを使うことになるはずです。この場合、サイトの販売画面の設計で購入可能な個数を意識することなく購入できるようになっていますし、次に購入可能になるまでの情報が保存されて一定期間経過しないと再購入はできなくなっているはずですから、あまり考える必要はありません。

医薬品を個人輸入する際の税関への届出

医薬品を筆頭にして、医薬部外品、化粧品、医療機器などの製品については、それが人の生命や健康に直接かかわるものであることから、海外からの輸入が厳しく制限されており、営業目的の場合は、医薬品医療機器等法とよばれる法律にもとづき、厚生労働大臣の許可・承認が必要とされています。
しかし、輸入をする本人自身が使用する、いわゆる個人輸入として医薬品を輸入する場合に限っては、厚生労働省の出先機関の地方厚生局に申請をして、営業目的でないことを証明するための特別な書類を発行してもらい、これを税関に提出するのであれば可能とされています。
この個人輸入のための申請書類には、輸入しようとする医薬品ごとにその名称や具体的な用途、規格などを記した商品説明書を作成する必要があるほか、輸入する数量、輸入目的、製造業者名とその国名、輸入年月日、到着空港名、航空運送状の番号なども記載しなければならず、なかなか面倒なものとなっています。
いっぽう、個人輸入においては、ごく少量の医薬品を取り扱う場合に限っては、こうした書類を税関に提出せずに済む、例外的な方法が認められています。
すなわち、処方箋薬であれば用法・用量からみて1か月分以内、外用薬であれば24個以内であれば、税関への書類の提出なしに、単に税関で商品を確認するだけで通関ができることになっています。
ただし、医薬品として正しく用いるのであったとしても、麻薬取締法に抵触するようなモルヒネなどの薬物は、数量にかかわらず別途許可が必要であり、トリアゾラムのような向精神薬についても、飛行機などで少量を本人が携帯して輸入することのみが認められていますので、国際郵便などによる取り寄せはできないことになっています。

レビトラを個人輸入で買う場合の注意

ED治療薬は「バイガグラ」「シアリス」「レビトラ」が有名です。
これらはED治療薬の中でも効果が高いので人気がありますが、それぞれ効果や効能・持続時間が違います。
ED治療薬は病院で処方してもらえますが、健康保険外のお薬になりますので、病院によって金額も異なり、価格も少し高く感じます。
そこで、インターネットで購入することもできます。
医薬品の個人輸入代行をしているショップから購入できます。
医薬品は原則的に処方せんなどが必要ですが、個人での使用に限り、個人輸入することができます。
正規品だけでなくジェネリック品なども取り扱いがあるので、安価で手に入れることができます。
バイアグラやシアリス、レビトラを個人輸入で買う場合の注意事項がいくつかあります。
まず、ED薬は重度の肝機能障害のある方や心臓や血管障害のある方は使用できない場合があります。
持病のある方などは、病院で一度相談するのが安全です。
そして、ニセモノが売られている場合もあります。
あまり安すぎるものは心配です。
特に、バイアグラなどは模造品が多いので注意が必要です。
偽物を購入しないように注意しましょう。
信頼できるサイトでまとめ買いをするのが一番安く買えます。

レビトラの臨床試験データ

レビトラの臨床試験データは、男性特有の性機能の強化をしっかりと図っていくようにするという取り組みに結びついていくことが多いということで有名です。
データの調査結果をもとに、レビトラのよいところを存分に生かしていくようにするということが大切にもなっていて、今後の動向を慎重に見ていくようにするというようなことにもつなげていくようにしていくことが必要にもなるのです。
性機能を良い方向へ促すためには、まずは脳の意識を変えることや血行の促進を今まで以上によいものにしていくというようなことに尽きるとも言われているため、定期的にレビトラを用いていくようにするということが推奨されているのです。
生殖器の状況を他人に相談していくようにするということは、なかなか難しい状況になっていくものですが、これからのパートナーとの生活を考えて早期に対策を取るようにしてくことが大事にもなるとされています。
また、このような状況を気にかけていくようにすることで、若さというものをキープさせていくようにしていくことも見込めるようになるのです。
レビトラの魅力というものに触れていくようにすることで、次のステージも見えていくようになるのです。

レビトラの利用シーン

レビトラの効果についてはもう今まで更新した記事に記載したとおり、疑いどころの無いものであると言えるでしょう。
では、具体的にバイアグラとレビトラの利用シーンにいかほどの差が生まれるのか、というところを解説していきたいと思います。

バイアグラが世に流通してから、インポテンツに悩む男性達にとってはまさに夢の薬が出たといわんばかりの話題性を誇ってきましたが、服用してから効果があらわれるまでに1・2時間という時間を要することから、ラブホテルに入ってから服用し、結局効果を実感できなかった!等の失敗談も少なからずあったようです。
飲んで10分20分後では効果が現れないのも不思議ではありません。
単純にバイアグラの利便性の問題ですね。

その点レビトラは服用から効果があらわれるまでの時間がなんと30分程度というではありませんか
バイアグラの有効主成分クエン酸シルデナフィルよりも消化吸収が活発な塩酸バルデナフィルを用いる事によって、バイアグラの王座を脅かすかのような第二の夢の薬が出たと世間を騒がせた物です。

これほどの短期間で効果が出るなら、ラブホテルに入ってから洗面所でこっそり服用したとしても、雰囲気作りから性交渉にいたるまで30分程度のピロートークを広げれば大丈夫ですからね。
バイアグラかレビトラか、利用シーンは両者のメリットとデメリットをじっくり検討してみるべきでしょう。

成分バルデナフィルの作用機序

陰茎(ペニス)を勃起させるには、陰茎の中にある「海綿体」という部分に十分な血液を送り込まなければいけません。
逆説的に言うと、血流の悪い高血圧者などは、性的興奮状態に陥っても十分な血液が海綿体に行き届かず、勃起することが出来ないという症状が現れます。これが勃起不全です。

ED治療薬レビトラの含有する主成分「バルデナフィル」には陰茎の海綿体平滑筋の緊張をゆるめ血流をよくする作用があります。
そうすることで陰茎の海綿体へ十分な血液が送り込まれる仕組みを確保し、興奮した時に正常に陰茎が勃起状態になるのです。

EDには「心因性」のものや「器質性」のものや「混合性」とよばれるタイプに分類され、医療機関ではそれぞれに応じた治療方法が取られますが、このバルデナフィルという成分は心因性・器質性・混合性、いずれのタイプのED(勃起不全)にも有効であるとされています。

国内外において、さまざまな臨床試験が行われ、服用者のうち70%~90%の人に勃起回復効果が認められました。
他にも、開発・発売元であるバイエル薬品の臨床試験から早漏にも有効であるという発表がなされ、男性器のコンプレックスである「勃起不全」と「早漏」の両方に効く医薬品であるという事から、若年層・老齢層共に人気を博しています。
今までクエン酸シルデナフィル(バイアグラ)愛好者であった方々が、新たにバルデナフィル(レビトラ)へ利用移行するという現象も起きているくらいに人気の医薬品です。

バイアグラとの成分の違い

レビトラの成分バルデナフィルと、バイアグラの成分シルデナフィルには様々な違いがございます。
まず、レビトラの成分は水に溶けやすい性質を持っているため、服用後30分ほどで効果が現れるという即効性の高さが魅力です。
一方バイアグラは、服用後1時間~2時間ほどで効果が現れますので「効くのが早すぎては困る」という場合などはバイアグラを利用される方も少なくありません。

クエン酸シルデナフィル(バイアグラ)と塩酸バルデナフィル(レビトラ)にはそれぞれ利用者にとってのメリットデメリットが存在していますが、塩酸バルデナフィルはクエン酸シルデナフィルよりも後に開発された医薬成分であるため、クエン酸シルデナフィルのデメリットを補うようなメリットが際立っている特徴があります。

それは副作用においても言える事で、バイアグラとレビトラで副作用を比較した際、レビトラ(塩酸バルデナフィル)の方が副作用が少ないという報告があります。
バイアグラよりも強力に作用し、尚且つ副作用が少ない成分であるという事から、高齢者に対する処方割合が増えてきています。
今まで血圧や飲み合わせが原因でED治療薬の服用を諦めていた人にとっても、もしかすると福音となりうる可能性を秘めていると言えるでしょう。

老齢者の場合はいきなり、バルデナフィル20mg含有錠を服用するのではなく、医師の指導の下5mg→10mg→20mgへとステップアップする事をお勧め致します。