個人輸入可能な医薬品の個数について

海外で有用性が確認され市販されているが日本では認可されておらず流通していないもの、日本で入手するには医師の診断や処方箋が必要なもの、あるいはその安価なジェネリック医薬品(後発医薬品)。個人輸入される医薬品はこのようなものに集約されますが、個人輸入とは一般の個人が自分で使用することを目的としたものであるため、輸入できる個数に制限があります。つまり輸入者自身が使用すると想定される個数を超えてしまうと税関で荷物が止められてしまうことになります。販売・営業目的の輸入と見なされてしまうわけです。
厚生労働省の提示する内容によって細かく個数を見ていきますと、毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く外用剤(軟膏などの外皮用薬、点眼薬など外用剤)は標準サイズのものを1品目24個以内とされています。次に毒薬、劇薬又は処方箋薬(有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品)は用法用量からみて1ヶ月分以内とされています。個人輸入で人気のAGA治療薬や抗インフルエンザウィルス薬などはこれに該当するものも少なくないでしょう。最後に、これら以外の医薬品・医薬部外品は用法用量からみて2ヶ月分以内とされています。実際の個数については1日に服用する量を元に計算し、例えば1日3回2錠服用する錠剤の2ヶ月分数量は(2錠×3回)×30日×2ヶ月=360錠までが2ヶ月分の用量とみなされると例示されています。
ただし、個人輸入といっても特別な人以外は全てを個人だけでできる人は稀ですから、通常は個人輸入代行サイトを使うことになるはずです。この場合、サイトの販売画面の設計で購入可能な個数を意識することなく購入できるようになっていますし、次に購入可能になるまでの情報が保存されて一定期間経過しないと再購入はできなくなっているはずですから、あまり考える必要はありません。

About 田中真

あまり趣味など多いほうではないですが、色々な人の投稿を見たり、仲良くなれたらいいなと思っています。 できるだけ自分も更新できるように頑張りたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。